2016年01月06日

あけましておめでとうございます。

三が日過ぎてしまいましたが。今年もよろしくお願い申し上げます。
あけおめ  ことよろ
って言葉使いはイマイチ幾つになっても馴染まないもので。
でも、20年くらい前に同じ仕事場の先輩も使ってた。
その先輩に言葉の使い方やこれって略式過ぎて失礼にあたるんでは?と聞いてみたところその先輩の場合、いや、俺は粋だと思うけどなぁ。
との返事かえってきた。
本当は?
昔から「あけおめ」「ことよろ」
気がつけばある言葉だけど。でもでも?
俺、小学生の頃、みんな、そんな風に言ってたのかなぁ?
「あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。」
というよりは
「あけおめ  ことよろ」
の方が非常に短く簡単に年始の挨拶がすむ。
でも、それって既に挨拶じゃ無い気がして。
人に敬意が無い気がして。
「おざぁ〜す」
とか。もはや昔であれば先輩が後輩をぶっ飛ばしててもおかしく無い無礼加減。
何かがおかしい。そう感じる。
人と付き合う際の礼儀としての順番も。
なんか。終わってる気がする。
20歳代とか極端にできる奴とできない奴と差がある。まー、どの年代もそうなのかもしれないけれど。年始から変な話で失礼。
ただ、毎年「あけおめ」「ことよろ」で疑問を感じてたんで書いてみました。
posted by SASUKE at 05:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする